熊本県八代、橋本さん宅からいぐさを直送。

橋本さんちのよろこび表メイン
橋本さんちのよろこび表紹介

おへやの特急便と橋本さんの出会い

 平成13年初め、ふとした事で実は最初橋本の息子さんと知り合いました。彼は岡山大学で生物の研究をする大学生でした。将来、田舎へ帰り農家を継ぐんだと熱く語っていました。そして5月、年に一度の畳産業博の場で父、喜一郎さんと母清美さんとお会いする事が出来ました。
「私達の作っているいぐさはどんな畳屋さんを通じてどんなお客様に使っていただいているんだろう?」
と常々考えていた喜一郎さんと、
「お客様が安心して使える生産農家の【顔が見える】商品はないだろうか?」
との私共の考えが一致。
何度も意見を交わし合い、商品のしぼり込みを行い数々の難関をクリアし、そしてこの『よろこび表』の販売にこぎつけました。

こだわり農法!橋本さんの思う有機栽培とは?

土作り
「化学肥料をほうり込むだけの農業はもう許されない」
EM菌・米ぬか・鶏粉を十分に土壌に与え土作りからこだわる。そして一番のこだわりが「たけのこエキス」をふんだんに田んぼに混ぜ込む。
「たけのこパワーで草が長くのびるんですよ」というのがうそのような本当の話。

染め
いぐさ農家の仕事は本当に重労働。土作り、植付けから刈取りから乾燥、ござへの織り上げまで昼夜を問わず一環して家族で行う。
その中でも美しい仕上がりを左右するのが染め。
昼に刈り取ったいぐさをそのまま染めると色むらが出る為薬品を多量に使わざるを得なくなる。しかし、橋本さんのよろこび表は一晩シャワーでゆっくり冷まし、いぐさが朝露をいっぱい浴びたところで染めに入る。その時間はまだ明け方5時!よろこび表とは本当にお客様に「よろこび」を与える為の畳作りからきているのだ。

よろこび表はなぜいいの!?

選別
こうして染め上げた、いぐさ1本1本をコンピュータによって選別する。
熟練の技にコンピュータを融合させているところは私たち「おへやの特急便」と心の通じ合う部分です。育ちの良し悪しにより1番〜6番抜きにランク分けします。もちろん長く育った草ほど、しっかりしていて強く丈夫、そして美しい。
価格の差は[1]草丈の長さ[2]重さ(重いほどつまっていてよい)[3]色の良さからランク分けするのですがよろこび表はもちろん最も草丈の長い「1番抜き」の最高クラスです。

よろこび表の流通

よろこび表の出来るまで

すべては植え付けから始まります。
よろこび表の出来るまで

橋本さんちのよろこび表

原産地 重量(kg) 本数(100cm辺) 縦糸
熊本県八代市 2.4kg 約2,500本 麻綿
価格表
※採寸料、配達、敷込費用を含みます。
●表替え/
  ヘリ…サンプルよりお選び下さい。
●新畳/
  仕様…畳床ボードIII型(III型以外の使用は別途見積り致します)。
  ヘリ…サンプルよりお選び下さい。
注文番号 タイトル 販売価格(税別)
yorokobi-omote-kyo 橋本さんちのよろこび表−表替え/五八サイズ ¥11,800
yorokobi-omote-hon 橋本さんちのよろこび表−表替え/本間サイズ ¥11,800
yorokobi-new-kyo 橋本さんちのよろこび表−新畳/五八サイズ ¥16,800
yorokobi-new-hon 橋本さんちのよろこび表−新畳/本間サイズ ¥16,800